‘良くしたい’という想いの実現 株式会社サンプラス

‘良くしたい’という想いの実現 株式会社サンプラス
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
お問い合せは フリーダイアル 0120-419-463
太陽光発電事業

太陽光発電事業

Photovoltaic Power Generation

トップページ > 太陽光発電事業 > 産業用太陽光発電

産業用太陽光発電

産業用と住宅用の違い

産業用とは主に10kw以上の容量の物を指します。つまり企業が工場などの屋根に設置したり、空いている土地を利用し設置したり、メガソーラー発電所のように企業や自治体などが大規模に設置するケースが主に対象です。勿論住宅でも大きな屋根であれば10kw以上の設置が可能で産業用の部類に入ります。実は、これまで住宅用は高額で買い取る制度がありましたが、産業用にはそうした制度が一切なく、大規模は太陽光発電についてはまったく旨みのないものだったのです。その一方で、ドイツやスペインなどヨーロッパを中心に産業用としての太陽光発電を高額で買い取る制度が広まったため、普及が促進し、結果として昔は世界No.1だった日本の太陽光発電市場は海外勢に大きく引き離されてしまいました。
 そこで、それを挽回すべくスタートさせたのが、2012年7月より施工された再生可能エネルギー特別措置法に基づく固定価格買取制度となります。住宅用(10kw以下)との大きな違いは買い取り期間が10kW以上のシステムなら20年と非常に長いこと(10kW未満の場合は家庭用と同じ10年)。今後、電力料金がどうなるかにもよりますが、仮に極端な変動がないとすれば、非常に有利な条件になっているといえるでしょう。買取単価については、2012年7月から40円→2013年4月から36円→2014年4月から32円に引き下げられてきました。2015年は6月までは29円、7月からは27円と発表されています。買取単価の下落と共にパネルやその他機器の価格(初期費用)が年々下がってきた為、買取単価が下がっても魅力的な投資になる訳です。
  • 使用していない土地などに

  • 再生可能エネルギーで活用

固定価格買取制度の仕組み

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」は、再生可能エネルギーで発電された電気を、その地域の電力会社が一定価格で買い取ることを国が約束する制度です。
一定期間常に固定価格で買い取るため、「固定価格買取制度」という名前がつきました。
電力会社が買い取るためのお金は電気を利用する私たち全員から賦課金という形で集め、制度を支えています。
この制度により、発電設備を設置したときのコスト回収の見通しが立ちやすくなり、多くの人が設置をしやすくなった事で、買取単価の高く設定された太陽光発電については非常に普及が進みました。

固定価格買取制度の仕組み
再生可能エネルギー固定価格買取制度ガイドブック

再生可能エネルギー固定価格買い
取り制度ガイドブック(経済産業省)

詳細を見る

低いリスクで安定したリターンが期待できます

「土地は持っていないが産業用太陽光発電に投資をしたい」というお客様のあらゆるニーズに対応した分譲型太陽光発電所。
土地探し、検証、購入、整地、電力会社への申請などを自分で行わなければならない作業を、完了させている為、短期間で投資目的で考えている方に向いている商品です。現状では、不動産投資の平均利回りが5%前後と言われる中、太陽光発電事業の商品は平均8.5%〜という高利回りを実現しています。話だけでも聞きたい。システムは安心して使えるのか?費用はどのくらいかかるのか?など。

豊かな暮らしを育み、[個人] [法人]投資として注目

3,800万円(税抜)の売電収入が可能!!

※金額は設置可能な設備の容量や土地の大きさにより変動します。

当社/土地付き野立て・分譲ソーラー販売図

土地付き野立て Power Plant(パワープラント)

販売価格1,600万円〜(東電負担金+土地代)別途
分譲ソーラー Kibe Power Plant(パワープラント)




現地ご案内ルート
詳しい話は専任担当者がご質問にお答えします!!下記お問い合わせ窓口までご連絡ください。 株式会社サンプラス (フリーダイアル)0120-419-463
ページの先頭へ戻る
Copyright