‘良くしたい’という想いの実現 株式会社サンプラス

‘良くしたい’という想いの実現 株式会社サンプラス
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
お問い合せは フリーダイアル 0120-419-463
太陽光発電事業

太陽光発電事業

Photovoltaic Power Generation

トップページ > 太陽光発電事業 > 太陽光発電とは

太陽光発電とは

太陽光発電は、環境にも家庭にも優しい再生可能エネルギーです。

太陽光発電は、太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換する発電方式であり、ソーラー発電とも呼びます。
英語表記ではSolar photovoltaics、略してPVともいいます。最近ではPV車も街で見かけるようになってきました。
再生可能エネルギーである太陽エネルギーの利用方法の1つなので、太陽がある限り発電し続けるありがたい発電方式です。
技術的な特徴として、発電量が日照によって変化する一方、昼間の電力が必要な時間帯にあわせて発電できるので需要ピークを緩和し、火力発電など温室効果ガスを排出する電力を使わないで済むため、温室効果ガス排出量を削減できるというエコな性質を持ちます。
設備は太陽電池、必要な電圧や周波数に変換するインバータ(パワーコンディショナー)、用途により蓄電池も組み合わせて構成されます。最近では蓄電池の開発もさかんで、家庭用の蓄電池も販売されるようになってきました。災害時の非常用電源としても注目されています。
開発当初は極めて高価で、宇宙開発等限られた用途に用いられてきましたが、近年発電コストの低減が進み、多くの発電方法と比較して高コストながら年間数十ギガワット単位で導入されるようになりました。

太陽光発電システムの長所

装 置

・発電部(セル)に可動部分が無く個体状態であるため、
 原理的に機械的故障が起きにくい
・規模を問わず発電効率が一定なため小規模・分散運用に向く
・発電時に廃棄物・排水・排気・騒音・振動が発生しない
・出力ピークが昼間電力需要ピークと重なり、需要ピーク電力の削減に
 効果がある

設置位置

・需要地に近接設置でき、送電コストや損失を最小化できる
・蓄電池利用で非常用電源となりうる
・運搬・移動に適した小型製品がある
・他の発電方式と比較し設置制限が少ない。建築物の屋根や壁面に
 設置でき土地を占有せずに設置可能

社 会

・エネルギー自給率を向上させる
・稼働に化石燃料を必要とせずエネルギー安全保障上有利
・発電時に温室効果ガスを排出せず、設備製造等での排出も比較的少ない

経年劣化と寿命

ソーラーパネルは税制面において法定耐用年数が17年と定められていますが、大部分の製品が稼働できると推測される「期待寿命」とメーカーが性能を保証する「保証期間」があります。メーカーの製造ミスで早期出力低下などトラブルが起こることもあるようです。通常の経年劣化による出力低下は20年で1割未満とされています。
屋外用大型モジュールの期待寿命は、過去の製品の結果から一般に20-30年以上とされています。期待寿命は明確に定められておらず、統一基準もありません。
モジュールは年月と共に徐々に性能低下し、世界各国の2000例近い各種太陽電池モジュールの経年劣化調査データのまとめでは、性能低下速度の中央値は0.5%/年、平均値は0.8%/年と報告されていています。
パワーコンディショナーなど周辺機器にも寿命があり部品交換などメンテナンスが必要です。
また太陽光発電モジュールは長寿命なため、取り付ける架台や施工部分にも長寿命が求められます。一般の建築物同様に数年ごとの保守点検が推奨され、メーカーや代理店によっては定期保守点検プランを用意する場合があり、点検項目のガイドラインとして日本電機工業会が定めたものがあります。
ページの先頭へ戻る
Copyright